【シャトーマルゴー2007 限定20名様 ¥4000 にてグラスでのご提供のご案内】 先日、ご好評頂き完売したシャトームートンロートシルト2004に続き、五代シャトーをグラスでのご提供提供第2弾として、12/15(火)12/16(水)の2日間限定、シャトーマルゴー2007をグラスにてご提供させて頂きます ¥4000(30ml) ¥8000(60ml) ¥11000(90ml) 五大シャトーのなかでもエレガントで女性的と評されるのがシャトー・マルゴー、経験されてみたい方、ひと足早い自分へのクリスマスプレゼントにどうぞ ご予約は、Facebookのメッセージあるいは茶屋バー中町へお電話、店主宛へのLINEにて、ご希望容量、希望日とおおよそのご来店時間を添えてご予約頂けます様に宜しくお願い致します また、規定人数に達し次第、ご予約は終了とさせて頂きます 茶屋バー中町 0486790055 シャトーマルゴー 五大シャトーのなかでもエレガントで女性的と評されるのがシャトー・マルゴー 1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです 女性らしいと形容される理由は並外れたタンニンのしなやかさによります 優雅で香り高い、そのマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、ここ10年間でカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフト。新樽率は100%です ラフィット、マルゴー、ラトゥール、ムートン、オー・ブリオンは世界でも最高品質を誇るシャトーではありますが、「1級シャトー」「五大シャトー」などとひとくくりにされることが多いものです しかし、これらのシャトーは1級シャトーのカテゴリーにいるということよりも、実はそれぞれのユニークな、際立ったスタイルに最大の魅力があるのです というのも実は1997年以降、「シャトー・マルゴー」と「パヴィヨン・ルージュ」のキャラクターとクオリティは激変しています 【1】まずグランヴァン・シャトー・マルゴーにおけるカベルネソーヴィヨンの比率を80-85%にも高めました 【2】低収量とより厳しい選別によりグランヴァンの生産量はこの10年で以前の50%から60%までに激減 【3】この結果従来グランヴァンに用いられていた良質なメルロがパヴィヨンに投入 【4】1997年よりサードラベルを導入。シャトー・マルゴー&パヴィヨン・ルージュのクオリティの底上げに寄与 支配人のポール・ポンタリエ氏はシャトー・マルゴーを「ベルベットの手袋のなかの鋼鉄の拳」という表現をしていることからも分かるように、シャトー・マルゴーが目指す、エレガンスとは、強さを秘めたしなやかさと言うことができます そのため、ここ10年ほどで、ぐっとカベルネ・ソーヴィニョンの比率を高めたのです パヴィヨンにはメルロを、これは決してメルロの質が悪いからではなく、あくまで目指すワインのスタイルを実現するための手段だとフィリップ・バスコール氏(エステートディレクター)は言います 即ちシャトー・マルゴーはよりエレガントに、パヴィヨンはよりジューシーで肉付きよく、柔らかく。そしてどちらにも共通するのはソフトなタンニン タンニンの質でシャトー・マルゴーに匹敵できるのはシュヴァル・ブランくらいでしょうか シャトー・マルゴーの畑では80もの区画があり、そこから50の違ったワインを仕立て、それを3種のワインに選別していきます 80の区画から数十のブルゴーニュのグランクリュのようなワインを個別に作り出すこともできますが、それをせず、ヴィンテージごとにシャトー・マルゴーのスタイルを表現するのがボルドーのコンセプト 複雑かつ精緻に組み合わされながらも透明感すら感じるほどピュアなシャトー・マルゴー、是非この機会にご賞味ください